北陸留学:「シャンボール」古川商店

古川商店「シャンボール」@珠洲【スーベニアプロジェクト】能登のおみやげ

以前から気になっていたパン屋、「シャンボール」さんに行ってきました。

ここは奥能登の珠洲という土地にありながらも、遠方からもわざわざお客さんが通う程のお店。

パンの味は勿論のこと、素材、お店の雰囲気、スタッフの方々の暖かさなど、全てが《シャンボール》を表現していると共に、経営なさっているご夫婦の愛情を感じさてくれるお店です。

古川商店「シャンボール」@珠洲【スーベニアプロジェクト】 能登のおみやげ

お忙しい中、奥さんにお話する機会を頂きました。お子さんの成長について、お店の隣にあるスペースで過去行われたイベントの話、奥能登という土地について、アイデアの生み出し方など。

色々な話をして頂きましたが、思わず聞き入ってしまいました。
こんな愛にあふれる人が作るパンは、美味しいのは当たり前だと納得させられました。

古川商店「シャンボール」@珠洲【スーベニアプロジェクト】能登のおみやげ 古川商店「シャンボール」@珠洲【スーベニアプロジェクト】能登のおみやげ

店の隣のスペースには、お子さんが昔書かれた絵や、奥さんが書かれた紙芝居。
キノコ型の椅子など、何気なく置かれているもの全てにストーリーを感じました。商品に書かれている絵も奥さんが描かれたものです。

古川商店「シャンボール」@珠洲【スーベニアプロジェクト】能登のカレーパン

私の個人的な一押しはカレーパンです。
外はカリッカリッで中はしっとり、食べたその場で思わずもう一個買ってしまったほどです。

私も遠方組ですが大ファンになり、通ってしまいそうです。

スーベニアプロジェクト『Hirotsugu KUMAGAI』

Hirotsugu KUMAGAI

▶ 地域プロデューサー

1984年生まれ、横浜育ち。2004〜2008年の間、イギリスに留学。London College of Fashionで Buying & Merchandisingを専攻。帰国後、大阪に本社のある飲食業で就労の後、スーベニア・プロジェクトに加わる。趣味は球技。フットサルチームを経営しつつ、誘われた球技に参加。スノボやサーフィンなどの横ノリ系も大好物。

Twitter:@kuma8145