北陸留学:「さくら祭り」

スーベニアプロジェクト:穴水「さくら祭り」

北陸生活、1週目 週末

以前、一度お会いしたことのある、江尻屋さんを訪ねて穴水という土地に行って来ました。

穴水は能登空港の近くに位置し、穏やかな内海に面していて、牡蠣、ボラなど様々な海の資源豊富な町です。
丁度着いた次の日に、江尻屋さんがさくら祭りに出店するとの事で、その場のノリで急遽お手伝いする事になりました。

スーベニアプロジェクト:穴水「さくら祭り」

前日の準備日はテントや特設ステージなどを建てて修了。

その後、地元の漁師さん、青年会の方々などと牡蠣や干物などを炭火で焼いて、飲めや食えやの大宴会に混ぜて頂きました。
味は勿論、言うまでもありません!!
牡蠣でお腹がいっぱいになったのは始めての経験で、最高に贅沢なひと時でした。

スーベニアプロジェクト:穴水「さくら祭り」

祭り当日、江尻屋さんは、ハチメ干し、能登まんま、みかんアメ、もずく、穴水のお米を販売しました。
中でもハチメ干し(関東だとメバル)、おすすめです!
あごだしの次に流行るのはハチメかもしれません!!
出汁をとったらピカイチで上品な香りが特長です。
勿論、少しレンジで温めて、そのまま食べても美味しいです。

スーベニアプロジェクト:穴水「さくら祭り」

皆さんにハチメをお見せしたかったのですが、残念ながら売ることに集中してしまった為、写真を撮るのを忘れてしまいしました。申し訳ありません。
気になった方は(http://ejiriya.com/blog/?p=848)を参照して下さい!

天気も良く、大勢のお客様で賑わっていた穴水町。
お花見日和の一日を過ごせました。

スーベニアプロジェクト:穴水「さくら祭り」

スーベニアプロジェクト『Hirotsugu KUMAGAI』

Hirotsugu KUMAGAI

▶ 地域プロデューサー

1984年生まれ、横浜育ち。2004〜2008年の間、イギリスに留学。London College of Fashionで Buying & Merchandisingを専攻。帰国後、大阪に本社のある飲食業で就労の後、スーベニア・プロジェクトに加わる。趣味は球技。フットサルチームを経営しつつ、誘われた球技に参加。スノボやサーフィンなどの横ノリ系も大好物。

Twitter:@kuma8145