第1回「ててて見本市」開催

日本の新しいモノづくり【スーベニアプロジェクト】第1回「ててて見本市」開催

2月8日から10日までの3日間、港区ダブロイドにて
第1回「ててて見本市」が開催されています。

今回が初めてとなるててて見本市ですが、「作り手」「伝え手」「使い手」をつなぐ事を目標に掲げ、
日本の中で生まれてくる手仕事/手工業を手渡す場としてスタートしました。

今回は「輪島キリモト・桐本木工所」、「我戸幹男商店」など産地で受け継がれてきた技術を活かしながらも、
現代の生活に合う商品を製造する作り手が、全国より20集まり開催しています。

開催者の想いがつづられていましたが、とても深く、共感しました。

日本のデザイン・機能美・伝統の技を受け継いだ、 手工業品・中量生産品の品々がもつ価値観を
【作り手】と【伝え手】が共有し、息の長い取引関係を構築出来る場を創造したい!

・「ててて見本市」 http://tetete.jp/

期間中、9日は20時、10日は19時まで開催していますので、
お仕事帰りなどぜひ立ち寄ってみてください。

日本の新しいモノづくり【スーベニアプロジェクト】第1回「ててて見本市」開催

この記事をみんなに教える!

コメントを残す