蓮見孝先生の最終講義「新しいデザインの役割」

デザイン学教授・蓮見孝先生の最終講義「新しいデザインの役割」

本日、17:00より筑波大学にて同大学デザイン学教授・蓮見孝先生の最終講義「新しいデザインの役割」が開催されます。

蓮見先生は長年にわたり工芸・工業デザインの最前線で活躍され、1991年に筑波大学に専任講師として転籍した後は、茨城県および県内の市町村を中心に、さまざまなプロジェクトに関わられてきました。

昨年10月末に開催された『いばらきデザインフェア2011笠間展』の際にお会いしたときにも、私たちスーベニアプロジェクトの活動にも耳を傾けていただき、茨城県の良さもたくさん教えていただきました。

そんな蓮見先生の最後の講義となる「新しいデザインの役割」。
デザインを次の世代へ繋ぐために、多くのメッセージを残されることでしょう。

USTREAMでも配信予定ですので、ぜひお聞きください。

 

 

『USTREAM』
http://www.ustream.tv/channel/蓮見孝先生最終講義-新しいデザインの役割

『書籍』
地域再生プロデュース―参画型デザイニングの実践と効果  via Amazon

(画像:Amazonより)