茨城県デザインセンターよりご招待☆

いばらきデザインセレクション巡り@笠間

3月1日に茨城県の笠間で開催される『いばらきデザインセレクション巡り@笠間』のオープニングイベントに招待されました。

先日のブログ(茨城県からの郵便物)でもご紹介しました、『ふれる、感じる 伝統的工芸品展  進化するJAPAN VALUE ~結城紬・笠間焼・真壁石燈籠~』よりご連絡を取らせていただいております「茨城県デザインセンター」のご担当者様から、『いばらきデザインセレクション巡り@笠間』のオープニングイベントに光栄にもご招待いただき、我々としても過去の作品を一気に拝見できるチャンスですので、是非とも3月1日にお伺いしようかと思います。

『いばらきデザインセレクション巡り@笠間』とは、これまでの「IBARAKI DESIGN SELECTION | いばらきデザインセレクション」でノミネートされた商品を、実際に展示・販売します。

通常、このようなデザイン展で並べられたプロダクトというのは、実際に製品化されて流通に回らなければなかなか手にすることはできませんが、
県のデザインセンターが主催し、実際に手に取り、それを購入できるという仕組みは、作り手の方々と消費者を結ぶ大きな架け橋となると思います。

会場となるのは笠間焼としても有名な陶器の街「笠間市」。
「笠間工芸の丘」、「回廊ギャラリー門」 、「茨城県工業技術センター窯業指導書『匠工房・笠間』」などを中心に、ジャンル別に展示・販売されるそうです。
周りにも数多くの工芸工房が点在し、 陶芸体験などもできるみたいですよ!

これからの時代、「デザイン」×「伝統工芸」×「体験」とうのが、新しい旅のスタイルとなるかもしれません。

みなさんも2011年3月1日より、茨城県笠間市を訪れてみてください!

スーベニアプロジェクト『Yoshiharu KOIKEDA』

Yoshiharu KOIKEDA

▶ ART DIRECTOR / DESIGNER

1978年生まれ、桶川育ち。文化服装学院流通専攻課程スタイリスト科卒。バイクで日本一周を敢行。2003〜2008年の間、イギリスに留学。LSC、Central Saint Martins College of Art & DesignでGraphic and Industrial Designを専攻。2008年に帰国後、シミコムデザインを設立。2011年にスーベニア・プロジェクトを始動。

Twitter:@shimicomdesign