Made in 長崎:「BANZAI サイダー」

長崎のおみやげ【スーベニアプロジェクト】Made in 長崎:「BANZAI サイダー」

長崎県長崎市、長崎BANZAI本舗の「BANZAI サイダー」。

かつて貿易の地として栄えた長崎で、1904年に英国人ロバート・ニール・ウォーカー氏が飲料水を日本で初めて大量生産したことが「BANZAI」ブランドの起源です。

「BANZAI」の原料は、香料・砂糖・酸味料のみで、シャンパンサイダー香料と呼ばれるものを使用することで「爽やかさ」が演出され、渇いた喉に強烈な刺激を与えてくれます。

ロバート氏が「BANZAI」とネーミングしたのは、1904年当時、街のいたるところで日本人が叫ぶ「万歳!」が耳に入ってきたからと想像されています。
同時に、海外のメディアも「BANZAI」と紙面に躍らせるなど、日本人にも外国人にもお馴染みの言葉だったそうです。