タビモノ 2011:金沢 – 加賀 – 輪島 vol.07「石川県立伝統産業工芸館」

石川県立伝統産業工芸館

期待していた冬景色とは裏腹に、
朝から降り始めた雨が、あられに変わる大荒れ天気の金沢。

歴史を学ぶ為に、兼六園に隣接する
石川県立伝統産業工芸館』を訪れました。

「伝統の美・技・心」

ここでは、石川県の伝統工芸の歴史をはじめ、
地域別産業の特徴、制作工程なども展示されており、
様々な角度で時代の移り変わりを学ぶことができます。

金沢漆器とは

チケットは兼六園との共通券もありましたが、
あいにくの天気なので、兼六園もリベンジ候補に。。。

館内見学は『伝』ステッカーを自分に貼付けます。
カワイイ!

石川県立伝統産業工芸館

 

スーベニアプロジェクト『Yoshiharu KOIKEDA』

Yoshiharu KOIKEDA

▶ ART DIRECTOR / DESIGNER

1978年生まれ、桶川育ち。文化服装学院流通専攻課程スタイリスト科卒。バイクで日本一周を敢行。2003〜2008年の間、イギリスに留学。LSC、Central Saint Martins College of Art & DesignでGraphic and Industrial Designを専攻。2008年に帰国後、シミコムデザインを設立。2011年にスーベニア・プロジェクトを始動。

Twitter:@shimicomdesign