タビモノ 2011:能登 – 加賀 vol.1 「あたわり」

能登の方言【スーベニアプロジェクト】タビモノ 2011:能登 - 加賀 vol.1 「あたわり」

2011年10月12日〜13日、今年3度目の石川県へ向かいます。

今回は輪島の木地・漆器業者さまへの職人取材、
七尾の小山屋醤油店さんとのパッケージの打ち合わせ、
珠洲の生産業者・デザイナーさんとの打ち合わせ、
などなど、みっちりスケジュールではございますが、
3ヶ月間七尾に滞在した熊谷と一緒に石川県を回ります。

さらに、日程次第では加賀山中にも久しぶりにお伺いしたいと考えております。

どこかオススメの場所や、プロダクツ、おみやげなどありましたらご連絡ください。

滞在中はツイッター(http://twitter.com/#!/souvenirproject)で各地でつぶやきます。
能登在住の皆さん、情報お待ちしております。

今年1月に石川を訪れてから、多くのモノに出会い、様々な方々と繋がれました。
これからは私たちの「あたわり」をカタチにし、伝えていきたいと思います。

スーベニアプロジェクト『Yoshiharu KOIKEDA』

Yoshiharu KOIKEDA

▶ ART DIRECTOR / DESIGNER

1978年生まれ、桶川育ち。文化服装学院流通専攻課程スタイリスト科卒。バイクで日本一周を敢行。2003〜2008年の間、イギリスに留学。LSC、Central Saint Martins College of Art & DesignでGraphic and Industrial Designを専攻。2008年に帰国後、シミコムデザインを設立。2011年にスーベニア・プロジェクトを始動。

Twitter:@shimicomdesign

能登の方言【スーベニアプロジェクト】タビモノ 2011:能登 - 加賀 vol.1 「あたわり」

この記事をみんなに教える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です