Made in 静岡:「SA – Japanese Green Tea」

静岡茶【スーベニアプロジェクト】Made in 静岡:「SA - Japanese Green Tea」

静岡県島田市、杉本製茶の「SA - Japanese Green Tea」。

1946年より静岡で日本茶作りを続けている杉本製茶は「純粋で美味しい日本茶を世界中の消費者に知ってもらいたい」という想いから、1998年よりコーヒー文化の国アメリカ(シアトル)へ輸出を始め、2005年に現地法人SUGIMOTO SEICHA USAを設立、2008年には自社ブランド『SA』を立ち上げました。

日本で販売している緑茶と同じものを輸出していますが、米国には急須を使用する方が少ないため、商品はティーバックを中心とし、商品パッケージは現地のデザイナーによりデザインされています。